あきゅらいず 泡石のお試し

あきゅらいずのお試し第一号は「泡石 ほうせき」です!

鹸と書いて、ほうせきと読む!!!

なんておしゃれな洗顔せっけんなんでしょう~!

そういえば、深い緑色で日にかざすと透き通ったように見える泡石は翡翠の宝石みたいにも見えます。

 

 

どこか高級な雰囲気が漂うせっけんですね。

この石鹸はヒノキのお風呂に良く合いそう♪

 

お試しは4日分なので、泡石はすぐ使い切ってしまいそうなサイズです。

大切に大切に泡立てます。

アットコスメの口コミでも書いてあったんですが、泡石は泡立てネットを使った方がより濃い泡ができますね。

手で泡立ててもそれなりの泡ができますが、ネットの方が早く泡ができる気がします。

ただ、泡立てネットにはあまりたくさん泡石をこすり過ぎないように注意した方がいいかも。

泡石は、割とやわらかめで溶けやすいので、ネットにガンガンこすりすぎてしまうと早く使い切ってしまいそう!!!

あと、これも口コミで見て知ったんですが、泡石は使ったら通気性のある場所に置いておいた方がいいみたいです。

これは泡石がちょっとやわらかめなせいなんですが、お風呂場の湿気でも簡単に溶けてしまいそうな勢いです。

うちのお風呂はあまり風通しが良くないので、窓の近くに置いておくことにしました。

で、なんでこんなにやわらかめなのかというと、保湿成分がたっぷりだからだそうです。

なんか泡石の保管方法などを先に書いてしまいましたが、肝心の泡はとっても気持ちがよかったです!!!

すごい泡です。

ナットウの泡と言っている人もいましたが、それもうなづける!!!

やわらかな泡の中に粘りもあり、そして軽さもありながら密度が濃いという、すごくリッチな泡ですね!

こんな泡は生まれて初めて。

しかも泡に強度があるので、お顔の上に伸ばしてもちょっとやそっとじゃ崩れません。

ちゃんと肌の上に留まってお肌の汚れを落としてくれています。

あまりに密度が濃いので、窒息しそうになりました!!!

すごいボリュームなので、肌に触れずに泡で洗顔出来ているのが良く分かりました。

これはスゴイ!

離れて暮らす母や姉妹にも教えたくなるぐらいの、前代未聞の泡です!!!

そしてそして!

こんなしっかりした泡なのに、すすぎは楽です!

洗い流すとスッキリ!

お肌がきゅきゅっと鳴りそうです。

なんか毛穴の中までキレイになっている感覚。

感動~!

洗顔でこれだけ盛り上がれるとは知りませんでした。

せっけんというと匂いが気になったりするんですが、泡石はほとんど匂いを感じませんでした。

せっけん臭さもなかったかな。

私は、普段は無香料の浴用石鹸で洗顔しています。

前に誤って泡が口の中に入ってしまった事があって、それはそれはマズイ!経験をしたのでした。

だから、その時以来せっけんは無香料。

そんな私でも嫌な想いをすることなく泡石は使う事ができました。

洗い上がりなんですけど、スッキリしつつも突っ張ってないです。

 

汚れ落としと保湿のバランスがいいんでしょうね。

泡石、すごく気に入りました。

 

私は、化粧品類の全成分はパパっと見る方なんですが、泡石の成分を見てビックリ!

セラミドが入ってる!!!

セラミドって、パワフルでちょっとお高い保湿成分ですよね?

(って思っているのは私だけ?)

セラミドが入っているスキンケアって、大体高いじゃないですか?

で、そのセラミドが石鹸に入っているなんて、もう本当に驚きですー!!!!!

流して落としちゃうのにセラミド入れちゃってる…。

なんてリッチな石鹸なの…

なんてリッチすぎる石鹸なの…

泡石せっけんの成分について気になった方の為に、ここでちょっとその全成分表を載せておきますね。

【全成分:泡石】 
カリ含有石ケン素地、DPG、水、グリセリン、ソルビトール、スクロース、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、コメヌカエキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、スクワラン、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、グリチルリチン酸2K、スーパーオキシドジスムターゼ、BG、ステアリン酸スクロース、ステアロイルグルタミン酸2Na、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、エチドロン酸4Na、トリルビグアニド、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(クロロフィリン/銅)複合体

あきゅらいずの公式サイトから引っ張ってきた情報なので、正しい内容かと思います。

私はまずセラミドが目に飛び込んできちゃったんですが、泡石にはたくさんの植物エキスが入ってますね。

その大部分は、「草根木皮たまり」と名付けられた和漢ハーブエキスみたいです。

調べてみると、あきゅらいずの基礎化粧品にはみんなこの「草根木皮たまり」が入っているんですよね。

で、このたまりが何かというと、中国の漢方で昔から使われてきたハーブから抽出したエキスなんでそうです。

エキスの原液は黒ぐろしているので、なんかこの見た目は効きそう…という感じがしますね。

↑こんな黒さの草根木皮たまり。

 

和漢ハーブには、様々な効果が期待できるそうなんですが、厳選されたハーブたちは主に「保湿」の役割を持ってるそうです。

ほんと、泡石って贅沢ですよね。

本来なら化粧水や美容液に入ってて良さそうな美容成分がいっぱい入ってますからね。

あきゅらいずの口コミを読んでいると、中にはこの泡石だけを使っていて、お肌が激変したっていう人もいるんです。

せっけん一つ変えただけでそんなにお肌って変わるもんかいな?なんて思ってたんですが、泡石ならそれもありえるかも~!

とにかく、その猛烈な泡と成分のリッチさが特徴ですね、泡石は。

あ、それで泡石はメイクも落とせるせっけんだそうです。

ウォータープルーフのメイクやポイントはムリだそうですが、通常のメイクなら、泡石のダブル洗顔でOKだそう。

(ウォータープルーフのメイクやポイントメイクは、専用のリムーバーで落としてから泡石を使うと良いそうです。)

で、メイクを落とす時は、泡石を濡らして直接お肌にすりすりするんですってー!

せっけんで顔を直接なでるなんて初めて聞いた~!

もう何もかもが斬新すぎ!!

メイクの肌を泡石でクリクリ落とした後は、普通に泡立ててW洗顔するそうです。

私は、その日はパウダーのみでファンデーションはつけてなかったので、1回洗いで余裕でした。

メイク落としも洗顔も泡石一つでできるって良いですよね。

アイテム一つで済んじゃうし、お風呂入る前にメイク落とすのって正直だるい。

寒い冬はぱぱっとお風呂に入って、メイクも落とせたらラッキー!

泡石はメイクも落とせるという事で、またポイントがひとつ増えました。

ここまで大絶賛してきた泡石だけど、実は一つだけデメリットが…。

それは、お値段

お試しだと全部そろって1,380円だからあまり深く考えてなかったんだけど…

泡石って1個1,448円してるんですよね。

ちょうどこのお試し詰め合わせと同じくらいのお値段。

1か月に1,500円近くする洗顔せっけんて、、、私人生初な気がする…。

使えば溶けてなくなっちゃうものに1500円。

主婦が買うのにちょっと考えちゃうお値段ですな。

泡石にはもっと大きなサイズがあって、こっちの方が3倍の重さでお値段3,703円。

大きいサイズの方がお得って事ですね。

でも、洗っている間の泡の感触とか、洗った後のスッキリ感、そして洗い上がりのしっとり感、どれも好みです。

もしリピートするなら、定期便にしてもうちょっとお得にするという手もあります。

泡石を毎月定期で取り寄せると1,430円、大きいサイズの方が3,500円になるそう。

お高いけど、なんとかなるかな?なんとかできるかな?という感じですね。

せっけんとして見てしまうとお高く感じるかもしれませんが、「お肌の調子を整えるスキンケア」と考えると、それほどハードルは高くないかもしれません。

 

あきゅらいずについて気が付いたことがもう一つ。

あきゅらいずの基礎化粧品はシンプルな分使い方で大きな差がついてしまう事もあるそうです。

そこで、定期的にあきゅらいずの使い方をレクチャーしてくれる機会があるのだとか。

それが「すはだの学校」というプログラムで、あきゅらいずの本社(三鷹市)で開催されています。

東京都三鷹市に行かれない方は、通信教育?みたいな形も用意されていて、そちらはsukule(スクレ)というそうです。

 

 

あきゅらいずは売ったらおしまい、ではなく、販売後もお客さんの面倒をみてくれる企業なんですね。

お肌を本気で変えたい人には手ごたえを感じるスキンケアメーカーなんじゃないかと思います!

次回は「優すくらぶ」の口コミをお送りしま~す!